パパに聞いてもらいたい話(^^)/


先月、日本ホメオパシー センター北九州戸畑

藤崎幸代先生による

予防接種の勉強会に参加させて頂きました。

朝から5時間かけて、予防接種概論、一つ一つの病気をわかりやすく、とても丁寧に教えて頂きました(*´▽`*)

私は

一人目の子供が生まれた当初は、当たり前だと思っていた予防接種

二人目で少しおかしいな?と気づき、途中で中断

三人目は一本も打っていない現状です。 

学べば、学ぶほど、現実や真実がわからなくなり

病院の先生に、子供に予防接種をうけさせないのは

虐待だと言われ

どうしたらよいのかわからず

悲しく、悔しく、泣いたこともありました。

そんな私に旦那さんは

予防接種の良い面、悪い面

両方を知ったうえでワクチンについて考えよう

と言ってくれて

正しい知識と情報を知るために

私は、まず知る努力から始めることにしました。

今回は3回目となるワクチンセミナー

今少しだけ、自分自身の

不安の元を知ることができた気がします。

ワクチンについては、とてもデリケートな話なので

私の意見や考えを押し付けるつもりはありません。

しかし

これだけはお伝えしたいのです。

人間の体は一人一人違います。

その日の体調や、個々の体質や反応

誰一人として同じではありません。

ワクチンの取り扱い説明書には

劇薬

と書かれています。

劇薬とは

容量を守らなければ死に至る薬です

生後2か月の未熟な、未発達の赤ちゃんの体に

ワクチンを5本も、6本も同時に接種すること

体の中で、脳の中で何が起こっているのか

考えただけで恐ろしくなります。

期間や、本数、打つか、打たないか決めるのは親です

同意書にサインを書くのも親なんです

病院の先生ではないのです。

自分の子供の体調や体質を一番わかっているのは

お母さん、お父さんでありたいけれど

2カ月そこらではまだまだ分かりません

そんなに急がなくていいのです

自ら求めれば「お母さんの意見を尊重します」と言って下さる病院の先生はいます。

しっかり考えて行動すれば、検診の時「お母さんに任せます」と言って下さる保健師さんはいます。

同じ悩みや、不安を抱えているお母さんと一緒に学べ繋がることができたこと

私にとって大きな収穫でした(^^)

今回ワクチンの材料や作られ方、ワクチンの安全性、有効性を学び

私は、帰ってすぐに旦那さんに話しました。

衝撃的な話、否定的な話に旦那さんの顔は曇り

正直話を聞きたくなさそうな雰囲気(*ノωノ)

しかし、双方の気持ちをぶつけ合い

最後はとても深い深い話し合いができました(*´▽`*)

旦那さんと一緒にワクチンのこと

一生懸命考える時間こそが

子供の為に今私たちができるベストを尽くすこと

ワクチンを打っても、打たなくても

今目の前にいる子供が元気で笑顔なら

それがベストなんだと

藤崎先生が伝えて下さった

一番大切なことです♡

最後に♡今月のヨーガレッスンのご案内

11月26日(土) 10:00~11:00

場所 西原村 のぎくそう

料金 500円

お気軽にご参加下さい(^^♪

最後までご覧頂きましてありがとうございました

最新記事
アーカイブ